SPORT x ART FESTIVAL 2018 新豊洲オータムフェス

SPORT x ART FESTIVAL 2018
新豊洲オータムフェス

REPORT#018

イベントの随所に散りばめられた東京ガスの想い。
「新豊洲をユニバーサルな街に」

2018年10月27日、10月28日に開催されたSPORT×ART FESTIVAL 2018「新豊洲オータムフェス~頑張る人に、いいエネルギーを。~」を開催。

「スポーツ、アート、食、テクノロジーなど様々な豊洲エリアの魅力を複合的に生かして楽しんでいただけるイベントです。」東京ガス株式会社の内田高史社長がセレモニーにてこう話した通り、この新豊洲オータムフェスは、多彩なエンターテインメント性を持つ、刺激的で、美しく、美味しいイベントとなっていました。

そして、新豊洲オータムフェスには、もうひとつ、大切なテーマが。それは、このイベントの楽しさを、年齢や性別、国籍、障がいの有無に関わらず、みんなに平等に感じていただくこと。

内田社長はこうも話しました。
「東京ガスは、新豊洲を多くの人が訪れたい、住みたいと思う魅力的な街に育てていくとともに、誰もが歩きやすく生き生きと暮らしていくことのできるユニバーサルな街にしたいと考えています。このイベントが豊洲の未来を考えていただくきっかけになればと思います。」

このイベントは、その構想を実現させるための第一歩でもあったのです。
では、具体的には、どのような取り組みが行われていたのでしょうか。

まずはメインステージから

ここでは、元陸上競技選手の為末大氏、チームラボ代表の猪子寿之氏など様々な魅力的なゲストによるトークショーが開催されましたが、実は、そのステージの端には、常に手話通訳士さんの姿が。耳の聴こえない方のため、観客席に向けて休むことなく手話でトーク内容を伝え続けていたのです。また、その観客席の中には、車いす優先スペースも複数存在。豊洲、そして東京のワクワクする未来を感じられるトークショーを、誰もが楽しめる環境づくりの工夫がなされていました。

車いすやベビーカーでも快適な
イベント会場

特設イベント会場は車いすの方やベビーカーを押す方でも困ることのないつくりを追求。各イベントブース間の移動ルートには、幅3.6メートルのフラットシートを敷き、車いす優先通路が設置されるなど、誰もが快適に移動できる会場となっていました。

さらに、会場内の様々な場所に設置されているテーブルやフード提供カウンターなども、床面からの高さを70〜80cm程度で統一され、インフォメーションブースや”だれでもトイレ”、授乳室などの存在は、誰もが理解できるわかりやすいピクトグラムで掲示されるなど、細部にいたるまで、障がいのある方、高齢の方や妊婦の方、子連れの方などが安心して過ごせる環境づくりにも配慮されていました。

ソフト面もボランティアがサポート

イベントスタッフの対応にも注目してみると、”アンバサダー”と呼ばれる東京ガスグループのメンバーが会場の至るところでスタンバイ。視覚障がいの方を案内したり、車いすでの移動をアシストしたり。誰かが困ったときに明るい笑顔で助ける彼らは、なんとボランティアで集まってくれた方々だそう。他にもフードコーナーでは購入時に英語や筆談での対応を実施するなど、”人”の力も活用し、ソフト面でもユニバーサルな環境の創出に努めていました。

ユニバーサルな社会を考えるきっかけに

東京ガスが設置した展示ブースでは、来場者に「ユニバーサルデザイン」を考えるきっかけを提供。片手で料理ができるキッチングッズや、シルエットや表面の凹凸デザインが異なる8種類のペットボトルなどが並べられ、人によって感じ方が異なることや、片麻痺の方やケガなどで片手しか使えない状況になった時でもちょっとした工夫で障がいのある方の生活が改善できることを知れる場となっていました。

こちらは、東京ガスが開催したユニバーサルデザインを体験するイベントに参加した子どもたちの感想。

「今日体験してみて体が不自由の人が大変だと分かったから助けあいたいと思った。」
「障がい者も、ふつうの人と同じようにくらせるのだと思った。」

などのコメントが。日本の未来を担う子どもたちが、より良い社会のあり方について考える機会にもなっていたようです。

ユニバーサルデザインタクシーでお帰りも快適に

イベント期間中は会場から豊洲駅まで送迎する「ユニバーサルデザインタクシー」も運行。車いすをご利用の方やご高齢者、小さなお子さまをお連れの方々も安全に帰ることが可能となっていました。

新豊洲が目指す”ユニバーサルデザイン”の大切さ、共生社会の素晴らしさを、多くの方々に実感してもらいたい。そんな東京ガスの想いが、新豊洲オータムフェスの随所に表れていました。

「新豊洲オータムフェス」の詳しいレポートはコチラから!

※随時更新していきます。

頑張る人に、いいエネルギーを。