頑張る人に、いいエネルギーを。

ATHLETE2020を目指す所属アスリートたち

PROFILE (いい)() (あつ) () 選手

飯田純士選手

CLICK! Another Story

Another Story

子ども時代はやんちゃ坊主。「やっちゃダメ」と言われることをやって怒られていたそうです。通っていた水泳教室に当時、青森では1つしかなかった水球チームがあり、3歳年上のお兄さんがやっていたのが、始めたきっかけだそうです。

生年月日
1993年12月
出身地
青森県
  • センターバック
  • 東京ガスエスネット株式会社
  • 東京ガスライフバル川崎北

小学3年生から兄の影響で水球を始める。大学3年生の時に日本代表に初選出され、現在は相手チームの攻撃を防ぐセンターバックとして活躍。リオ2016オリンピックでは、粘り強く強豪チームの攻撃を防いだ。チームの機動力を高めながら、世界との戦いに挑み続ける。

INTERVIEW 超攻撃型日本代表のキーマン

リオ2016オリンピックはいかがでしたか?

個人としてもチームとしても1戦目のギリシャ戦に賭けていて、1ヶ月前からコンディション、モチベーションを整えました。準備という部分では完璧というくらいにできました。
世界トップレベルのギリシャに第3ピリオドまで勝っていたのは、僕らのコンディションやシステム、全てがうまくいったからだと思います。ただ、7-8と1点差で勝ちきれなかったのは、オリンピックという大舞台で初めての空気感を味わい、緊張して本来の力が出せなかったからかもしれません。

飯田純士選手の写真1

東京2020オリンピックに向けての意気込みを聞かせてください。

まず、代表に選ばれなければなりませんが、出るからにはメダルを目指したい。オリンピックで、ギリシャに1点差まで迫ったことで、メダルは確信に変わりました。
ただ、世界が日本のやり方を分析してきているので、その上をいかないといけません。2020年までに全員がシステムを理解できるよう、さらにレベルアップが必要です。

飯田純士選手の写真2

飯田選手のエネルギーの源は何でしょうか?

応援してくれる全ての人の声援です。リオ2016オリンピックで地元のブラジルと対戦したとき、僕が最初にボールを持った瞬間に大ブーイングをされ、それで緊張しました。声援の持つ力は大きいと感じました。
また、水球を見に来て、新しく応援してくれる職場の方たちが増えていることも、とてもうれしいです。それと、ここまで水球を続けさせてくれた両親への感謝。恩返ししたいという気持ちもあります。

飯田純士選手の写真3

続きを読む

PROFILE (ふく)(しま) (とも) (よし) 選手

福島丈貴選手

CLICK! Another Story

Another Story

好きな言葉は「明日には明日の風が吹く」。試合で調子が悪くても、明日は頑張ろう、と切り替えるそうです。オフはカフェでゆっくりするのが好きで、頼むものは「ブラックコーヒーとサイドメニューをその日の気分で」とのことです。

生年月日
1993年6月
出身地
鹿児島県
  • ゴールキーパー
  • 東京ガスライフバル保谷株式会社
  • 東京ガスライフバル西杉並

中学1年生から水球を始め、高校1年生でフィールドプレーヤーからゴールキーパーに転向。国際大会の出場経験も豊富で、相手チームの戦術を緻密に分析し、味方に的確な指示を出す。リオ2016オリンピックでの経験を活かし、日本のゴールを守る要としてさらなる成長が期待される。

INTERVIEW 世界で一番小さい代表ゴールキーパー

リオ2016オリンピックは、32年ぶりの出場でしたが、印象に残っていることはありますか?

オリンピックへの出場を決めたときは、ただうれしくて、みんなで泣きながら喜びました。「32年間できなかったことを、このチームのメンバーでできた!」という達成感でいっぱいでしたね。
リオでは、選手村の食堂へ行くとウサイン・ボルト選手が目の前にいて、「ああ、オリンピックだな」と実感しました。

福島丈貴選手の写真1

今後、東京2020オリンピックに向けてどのようなことが必要でしょうか。

僕は身長177㎝で多分、世界で一番小さい代表ゴールキーパーです。その分、ゴール幅を動く量が多くなり、運動量が求められます。また、時速90kmのシュートを至近距離から投げられるので、瞬発系のトレーニングも重要になります。
海外の選手にフリーでシュートを打たせると不利です。打たれるなら止めやすいところに打たせるよう、ディフェンスに指示を出しますが、キーパーが指示を出すより先にシステムで動けるようにしたい。こちらが声をかけるより先に動く。それができる選手が増えたら、僕ももっとボールに集中できるし、日本も勝利に近づくと思います。

福島丈貴選手の写真2

福島選手のエネルギーの源はなんですか?

応援してくれるみなさんの「頑張れ!」の声です。それを聞くと、日本代表として、責任を持って頑張らないといけないと思います。
また、水球を始めるきっかけを作ってくれて、応援してくれた祖父のため。オリンピック出場を決めたことを報告した日に亡くなりましたが、しっかり結果を残して、よい報告ができるよう、頑張ろうと思います。

福島丈貴選手の写真3

続きを読む

PROFILE (よし)() (たく) () 選手

吉田拓馬選手

CLICK! Another Story

Another Story

身体を動かすのが好きで、中学までは野球もやっていたという吉田選手。水球を始めたきっかけは小学2年生の冬。1歳半から入っていた地元のスイミングスクールに水球クラブがあって、練習を見学しておもしろそうだなと始めたそうです。

生年月日
1994年4月
出身地
滋賀県
  • オールラウンダー
  • 東京ガスクリエイティブ株式会社
  • 東京ガスライフバル武蔵野

小学2年生から地元のスイミングクラブで水球を始め、高校卒業後、飯田選手、福島選手と同様に、日体大に進学。2016年に日本代表に選出。東京2020オリンピックに向けて、さらなる活躍が期待される。

INTERVIEW 東京2020オリンピックを目指すオールラウンドプレーヤー

吉田選手のプレーの特徴を教えてください。

特に決まったポジションではなく、いろいろなポジションに入ります。左右どちらでもできるのが特徴です。目立ったことはできませんが、そのポジションにあった仕事をしたいと思っています。身体が小さいので、これからは世界で戦えるフィジカルと、外国の大きいキーパーを抜くシュート力、技術を強化したいと思います。

吉田拓馬選手の写真1

リオ2016オリンピックの後に代表に入りました。2020年に対する思いを教えてください。

リオ2016オリンピックでは、代表メンバー13人に入れず、14・15番目の選手でもう一歩でした。ですから、オリンピックに出たいという気持ちが他の人より強い。2020年までに、国際大会の経験を積んで、東京2020オリンピックで戦えるようにしっかりやっていきたいと思います。
リオ2016オリンピックの後、日本代表に入ったときはうれしさもありましたが、力のある先輩選手が抜けて自分が入ったので、日の丸を背負う不安も大きかった。国際経験も浅く、練習ではいつも怒られてばかりです。

吉田拓馬選手の写真2

吉田選手のエネルギーの源はなんですか?

いつも頑張れているのは、チームメイトがいるからです。チームメイトと、切磋琢磨しながら毎日を過ごせているから、水球に励めているのかなと思っています。

吉田拓馬選手の写真3

続きを読む

PROFILE (とく)(もと) () ()() 選手

徳用万里奈選手

CLICK! Another Story

Another Story

オフの日は、朝はゆっくりして十分に体を休めたら、友だちと映画やショッピングにお出かけ。ときには、ちょっと遠くまでプチ旅行に出かけることも。そうやってリフレッシュをすることで、また頑張ろうという気持ちが湧いてくるそう。

生年月日
1996年2月2日
出身地
石川県
  • センターバック
  • 東京ガスライフアサヒ株式会社
  • 東京ガスライフバル石神井

中学の水泳部で水球を始め、チームで勝つ喜びを知り、気づくと日本代表選手に。成人式でみんなに信じられないと言われたが、実は自分自身が一番驚いているという。数々の国際大会を経験した今、東京2020オリンピックの有力候補として更なる期待が集まっている。

INTERVIEW 絶対にあきらめない
しつこいディフェンス

2017年台北で開催された、第29回ユニバーシアード競技大会で銅メダルを獲得されましたが、印象に残っていることは?

センターバックというポジションは、海外では体格の大きい選手ばかりです。見た目では負けたとしても、どんなときも絶対に気を抜かず、最後の瞬間まで諦めないという姿勢を大事にしています。予選で敗れたロシアとの三位決定戦では、日本が最初の得点をあげてリードを奪うものの、残り3秒のときにピンチに見舞われました。自分がマークしている選手にボールがまわり同点になりそうなところを必死に守りきり、銅メダルを獲得することできました。この大会を通じてまた一歩、成長できたなと思います。

徳用万里奈選手の写真1

東京2020オリンピックに向けての意気込みを聞かせてください。

現在はアジア大会に向けて、全力でトレーニングに励んでいます。こうした一日一日を積み重ねていく先に東京2020オリンピックがあり、その先にメダル獲得があるのだと思います。日々の練習や大会を一つひとつ大事にして、いつも応援してくれるみんなのためにもメダルを取りたいです。水球公式試合を日本でお見せする機会が少ないのが残念ですが、開催地となればより多くの方に足を運んでいただけます。一進一退の攻防を繰り広げる水球を見て、水球ファンが増えたらと期待しています。

徳用万里奈選手の写真2

徳用選手のエネルギーの源は何でしょうか?

これまで何度も水球をやめてしまいたいと思ったことがあります(笑)。それくらいハードで厳しい世界なんですよね。それでも続けてこられたのはチームメイトのおかげです。チームで挑むからこそ感動があるのだと思います。家族や地元、職場の方たちなど、いつも応援してくれるみんなの存在も大きいです。がんばってという声援にはいつも励まされていて、もう感謝してもしきれないですね。これまでたくさん支えてきてもらった分、最高のプレーをして恩返ししていきたいです。

徳用万里奈選手の写真3

続きを読む

東京ガスは、
東京2020オフィシャルパートナー
(ガス・ガス公共サービス)です。